日本人が多く住むSantiagoのLas CondesとLa Reina地区で、水道の異臭問題発生!


と言っても、数日以内に解決される模様。

チリの水質は硬質でミネラルを多く含み、軟水に飲み慣れている日本人はおなかを壊すことがありますが、水道水が飲めるという意味では、南米では数少ない水をしっかり管理している国の一つではないでしょうか。

ただ、こうした突然の問題が生じるのも確か。先ほどスーパーの前を通ったら、すでに大きなミネラルウォーターのボトルを購入した女性が、よろよろと歩いていました。

この問題で今日は休校した学校も多いようです。日本では考えられない休校の理由。

こうやって授業数に必ず影響が出るのがチリらしいですね。

アンデス山脈の恩恵を受け、美味しい水であるのは確かですが、各家庭にいつもおいしい水を届けてほしいものです。

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ